【PMA】" "墜落のある風景 

" " 部分がイカロスであることはすぐにおわかりいただけるかと思いますが
なんで空白にしているかといいますと
墜落しているのがいったいなんであるのかなんて
誰にもわからないからですよ




解説になってるので ネタバレでもよい方のみ続きをお読みください
ただのかっこつけです (タイトル)



タイトルといえば

「アンバランスな天秤」

「ダイスと乱数」

このふたつについても一応意味があって(他のは、あまり、意味が、ない)


アンバランス~については穂積先生の内面についてで
妙なバランスの上に成り立っているキャラクターだなあというのは
補足漫画を描いた時点で思ってました。


「ダイスと乱数」については、

全く知り合いでもなんでもない、創作が好きな者同士が、
たくさんある交流企画のなか、無数にいるユーザーの中、
たまたま同じ企画にキャラクターシートを投稿していて、
たまたま作品を読ませていただいて、たまたま――
誰かのキャラクターに興味が発生して、描かせていただいて、
そのお返事がきて――
そのお返事の内容が、こちらのストライクゾーンに入ってくること、なんて。

それを数字に直したら本当にダイスから発生する乱数どころの確率じゃないと思うんですよ

出逢ってくださって感謝・そんな意味も込めて
「ダイスと乱数」というタイトルにさせていただきました。

ですが――
相手様からこちらのストライクゾーンに届けていただいたというのに
こちらが描くものが、相手様のそれに入らなかったらどどどどどどうしよう!!!!と

ラリーの作品を描いてる時は、そんな思いもあるので、めちゃくちゃ緊張しています_(:3ゝ∠)_
ああでもその緊張がないと多分、こんな短時間で描ききれないと思います _(:3ゝ∠)_



いまだに緊張がとけません。ぜえぜえ。。。


さて今回の「イカロス墜落のある風景」については
いただいた作品の内容から引用させていただいたタイトルになりました
「イカロスの翼」の神話が「鬼ごっこ」でちらっと出ていましたので
内容に少し盛り込ませていただきました

この絵画については今回イカロスについてちょっと真面目に調べていて得た知識でございまして
僕の知識なんてこんなかんじでいつもにわかですすみません

スタックにも書きましたけども
絵画の中にいる「イカロスが海に墜落していようが通常業務をもくもくとこなしている農夫」が
穂積先生っぽくて重なるなあと思いました。

リボンを投げ捨てられるのを見た時は、実はかなり驚いて
前回サンタ帽子を投げた部分について
ネームを考えていた最初の頃は穂積先生は自分のサンタ帽子を、
窓からツリーのある中庭に投げ捨てて
小春さんに自分の帽子を取りにいくように「命令」するネタだったのです。

そういうこともあって、続きは20分くらいですぐに脳内でまとまりました。

もし紫リボンいただけたらボーナスでああなってこうなって、
みたいなネタがちょっとだけあったんですがそれは作者の考えであって

穂積先生としては、
小春さんがリボン捨ててくれたほうが「楽に」なったんだと思います。

「小春さんの話が面白いから、もう少し話がしたい」というのがありましたから
リボンがあってもなくても、全く関係ないのです。


安斎小春さんの親御さんの作品からの二次創作になっています
ネタ出しについて楽させていただいて申し訳ないというか_(:3ゝ∠)_
いや、それが「交流内容を汲む」ということならば交流漫画としては、ただしいの、だろう、か。

「企画の世界観と・自分と、お相手さんがいなければ、他では絶対に発生しないお話」
というのが目指すものだったりします。
それができたのがPAUW・七宝なんだろうと思います。

PMAはまだまだ序盤ですけど安斎小春さんというキャラクター様がうまれてきてくれたことに
ほんとに感謝でいっぱいでして(:3冫 ヘ)ヘ

久しぶりに、交流漫画的満足させていただきました。
わたしばかり楽しくてもいけないので、
お相手様に少しでも喜んでもらえてたら、いいなあ、と。


Twitterを全く使わない企画ではたして
まともにガチ交流できるのかなあって試してみたくもあって。
序盤は あー、やっぱりだめかなあ って思っていたりしましたけど、
思いがけず交流いただけたりして嬉しかったりして。
関わってくださる嬉しい気持ちは作品にだけ詰め込んでいければと思います。



今回の漫画で、穂積結也が AB型だろうってのは確信したので
台詞の選び方などば前に比べてスムーズになりました。

その点これまで描いてきた企画キャラとは全く毛色が違いますね。
これまでのキャラはどれもO型人間だなあっていう

……まあ、中の人がO型だからなあ。


しかし 獅子座についてはちょっとミスマッチになってきていて
しまった、水瓶座にしておくんだった、素直に。

……なかのひとは、どうしても、出てきてしまうのでありました。 (:3冫 ヘ)ヘ

[ 2012/12/29 18:01 ] ◆pixiv | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kannaplum.blog.fc2.com/tb.php/817-10eda003